2017年10月10日

はかなげで切なげでしなやかで

時の刻みが
変化をうながす
いちにち花の
朝・昼・夕

刻一刻と色合いを変え
やがて落花を迎える
諸行無常の
はかなげ切なげ

見る人の思いと裏腹に
しなやかに
今年も花をつけ
命の営みは営々と
続けられる

酔芙蓉.jpg

昼の酔芙蓉.JPG

夕の酔芙蓉.JPG
posted by fusabon at 11:26| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

透かした鬼灯に見えるものは

夢の中にそぉっとあらわれた
得体の知れぬ不思議

お守りの中にだって
得体の知れぬ不思議がある

神だって仏だって
得体の知れぬ不思議がある

得体が知れぬから不思議
不思議だから神聖
神聖だから侵してはならぬ
侵してはならぬから
暴くこともならぬ
暴くことがならぬから
神秘はますます神々しく
ますます有難いものに変わる

しかし・・・
有難いものは
この世に稀なことだから
重宝される
重宝されるから
崇めたて祀られる

崇めたて祀られるから
有難いこととして信仰になる

信仰になると
有難きことが
有難きこととして
当たり前になる

当たり前になると
心の内に神秘が広がり
自然とは別の世界が
永遠につくりだされていく

透かした鬼灯に神秘の謎が

鬼灯.jpg
posted by fusabon at 21:55| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

跳ねてみたいな

夕暮れを迎え
おしろい花

懐かしい香りが漂い
周囲2メールを
なんともいい香りが支配


そうだ!
スキップがしたい
気持が香りに迷い込んだ

記憶の引き出しからスキップ
の姿を取り出したが
体が再現できない

リズムが悪い
ひざ折れを起こす

明日練習してみよう
軽やかでなくても
ドジ臭くていい
アスファルト道を蹴って
跳ねてみたいな

やってみること
私に必要なことだ
出来なくったていい

おしろいばな.JPG
posted by fusabon at 08:08| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

輪唱・・里の秋

コスモスとそばの輪唱
強くはないが弱くもない
したたかにしなやかに

不協和音と協和音が
かぶさりながら
里の秋は
静かにうららかに

コンダクターは
自然の摂理
輪唱はさわやかに
つかず離れず


コスモスとソバの花.jpg
posted by fusabon at 06:00| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

深呼吸

外出から帰ってくると
手洗いうがいは欠かせない
人が集まる場所ではマスクを
欠かせない

雨上がりしっとり
乾燥が大好きな細菌たちが
おお威張りしないから
ほっと安心しているが
ほんとかななんて
自身の思い込みに
首をかしげ苦笑いする


気持ちよさげに
ローズマリーがぐぅと
手足を伸ばし背伸びする

まねてみた
ぐぅと背伸び
背や腰が一気に伸びた
深呼吸した

秋が体中を
駆け抜けていった

いじけていた体が
バリバリ音を立て
シャンたしたようだ

ローズマリー.JPG
posted by fusabon at 20:49| Comment(0) | | 更新情報をチェックする