2017年11月22日

噓と実

伸ばした伸ばしたその先に
青空があり
そのむこうに宇宙がある

か細くのばした梢の先に
地上と宇宙をつなぐよう
さえずるメジロ

自然は嘘なき実をかなでる
今日も生かされてきた
暮れなずむ大空に感謝

メジロ.jpg
posted by fusabon at 16:35| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

傲慢だった

この地に立つと
緩んでいた骨格がただされる

生きていることが普通
生きていることが当たり前
そんな思いを平然と抱いていた
なんと傲慢な私だった

この地で教わった
生きているんじゃない
生かされているんだ
当たり前じゃない
普通じゃない
だからこそ生きなきゃと

そして今がある
完全な体ではないが
敢然と生かされている

庭園イロハ紅葉.jpg

晩秋の万博公園.jpg
posted by fusabon at 20:30| Comment(0) | 健康 | 更新情報をチェックする

肩の力をそっと抜いて

一気に冷え込んできましたね
鎧が肩に乗っかっているようで
ガチガチの肩になっていませんか

私はこの頃やっと
寒さの中肩の力を抜けるように
なってきました

力が抜けると
ぎこちなさが消えて動きが軽やかです

無用なところに力が入ると
ますます疲れますね

しっかり足もとに力を込めて
揺るぎなく立ち続けていきましょうね

不器用だけれど
不器用なりに
posted by fusabon at 07:00| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

風上も鑑も要らない

「男の風上にもおけない」
「女の鑑(かがみ)」

どちらの言葉も死語にしなければ
体と心の性の違い(LGBT)は世間に
受け入れられつつあるが、まだまだ差別は大きい。
区別と差別が混同されている現実。

多様性の尊重と言いながら
多数が多様(少数)を下に観ている現実。

行政と立法を混同して
行政府の長が立法府に手をだし
不都合な真実を隠し通す現実。

男の風上でもおけないなんて言わない。
人の風上にもおけない。


前近代的な女の鑑になんてならなくていい
ただ「女」を前面に打ち出して、
策略を弄して独裁強権に走ることは許されない。
人としてまっとうな道をとるべきだろう。

客観的な事実もないまま
国会の場で気に入らない議員を犯罪者と
発言し、批判されるといつも「謝罪」。
謝ることは当然だが
暴言を吐く自身の誤った人生を
反省しないと。
身を切る改革はいいから
自身で議員を辞する身の切り方をとって欲しい。
posted by fusabon at 13:40| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

変わらないね

いつだったかな
会ったのは

変わらず
がんばっているね
もうすぐ雪舞う季節
凍れる日々がやってくる

気張ってがんばって
いじけないで
春を待とうじゃないか
あなたもわたしも

たまつげ鳥.jpg
posted by fusabon at 19:00| Comment(0) | | 更新情報をチェックする