2018年01月24日

国会の野党質問に人工知能を使えだと!!

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は
通常国会が召集された22日、
国会内で記者団に語った。

「野党の質問に対しては真摯(しんし)
に答えていくのが与党の務めだ」
と述べたうえで、
何度も同じような質問が繰り返されるときは、
人工知能ではじいてほしい
と注文を付けた。(産経新聞 2018-1/22引用)


この人自民党の幹部に上がっていく
のだろうが、まともな野党の質問に気の
利いたエスプリとジョークでけん制した
つもりなんだろうが、
「同じような質問が・・・」の決めつけ
がひどい。そっくり与党にお返し。


野党の質問にまともに答えていないのが
安倍首相はじめ政府の答弁じゃないか!

「記憶にない」
「記憶にあるかないか記憶にない」
「怪文書だ」
「文書はない」
「資料は破棄した」

「この資料は交渉の経過を示した
ものだが交渉の記録ではない」

「籠池理事長は教育勅語を用いて
素晴らしい教育をされている」から一転
「詐欺師の方に私や妻がだまされた」

「売却手続きは適切」から一転
「財務省から報告を受けて答弁した。
私が調べて適切だと申し上げたことはない」

まだまだいっぱいあるが・・・

♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠次のページへ(^_-)-☆
posted by fusabon at 10:49| Comment(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

よたの喧嘩。。国難はいずこに

昨日まで来日していたICAN
(核兵器廃絶国際キャンペーン)の
フィン事務局長。
「核抑止力は神話であり北朝鮮の
核開発は進んでいる。アメリカも核抑止力も、
世界にある15,000発の核兵器も、
北朝鮮の核開発を止められなかった」
とのべ、戦争被爆国である日本に核を
違法化する条約への参加を求め、安倍首相
へ面会を希望していたが・・・

日本国内に先ず北朝鮮へ行って核の開発を
やめろと言ってこいとか、核保有国
(米、英、仏、露、中等、)に行ってこい
といった暴論や非難をフィン事務局長に
投げかける勢力がある。


政府は「核抑止論」にすがってアメリカ
べったりでいいのか疑問に思う。

今年の正月に、北朝鮮の金正恩、
アメリカトランプの二人の「ならず者」が
核のボタンを自慢しあい罵りあった言葉。

・金正恩
「核のボタンは常に私の机の上に置かれている」

・トランプ
「私も核のボタンを持っている。それは彼
(金委員長)のよりずっと大きく、
もっとパワフルだ。そして私のボタンは
機能する!」

まるでよたの喧嘩じゃないか。


そのトランプに日本は
「(米国と)100%ともにある」と
安倍首相は言い切るおぞましさ。


かたや北朝鮮には制裁と圧力以外ないと
言い放ち、対話する考えを放棄。
加えて外相は北朝鮮と外交を結んでいる
国々に、国交断交を触れ回る愚かしさ。
外国への内政干渉もはなはだしい。

安倍首相はJアラートのボタンに
手を掛けオタオタオロオロ
トランプ頼り。


国難はトランプベッタリの安倍政権
の中に潜んでいる。
posted by fusabon at 12:09| Comment(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

まがまがしいフェイクが平然とのし歩く

作家 百田尚樹氏がとんでもない発言で
朝日新聞や読者を罵倒している。

節度も道理の欠片もなく、悪罵の限りを
吼えている。



・・・ツイッター投稿から引用・・・
【百田尚樹】
2018-1/13
これは首を賭けてもいい。
もし、中国と日本が軍事衝突を
すれば、朝日新聞は100パーセント、
中国の肩を持つ。
朝日新聞は日本の敵だが、
そんな売国新聞を支えている
朝日の読者も日本の敵だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・
もちろん朝日新聞は抗議のツイッター
をした。

【朝日新聞社 広報部】
2018-1/15
「朝日の読者も日本の敵だ」と
作家の百田尚樹さんが発信して
いますが、特定の新聞の読者を
敵視するような差別的な発言に
強く抗議します。
私たちはこれからも建設的で
多様な言論を尊重し、読者とともに
つくる新聞をめざします。

・・・・・
言論は節度をもって事実、道理、
論拠、根拠、良識がなければ
だめだ。
罵詈雑言は社会をぎすぎすさせ、
対立と憎悪の世界をつくる。

現実を無視し極論を振りかざして
危機をあおったり、他者を
攻撃する姿は無用な対立を
生み出すだけ。

また仮想の敵国をつくって
世論をそちらに向けていく手段は
ナチスがとった戦略。


十分心していまを生きて
行かなくてはとんでもない
悲劇が迫り悲惨な日々が
やってくる。
posted by fusabon at 12:15| Comment(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする