2017年09月29日

進歩の道かいつか来た道か

マスメディアは今回の衆院選挙を
「安倍自民党VS小池希望の党」の
政権選択選挙だと煽りまくっている。

連合労組、前原、小池を利用した支配層
の安倍政権崩壊を前提にした保険。
つまりどちらの政権に転んでも、まったく
社会の構造は変わらず、いつかきた道への
仕組みづくりが加速される。

それほどこの国の支配層は、4野党共闘の
実現を恐れていた。野党共闘が目指した
社会進歩への動きに危機をつのらせ
くさびを打ちこんできた。
彼らは社会の進歩を恐れている。


自民や公明、希望や維新のいう『改革』は、
格差をより大きくし、より権力者が
統治しやすいよう社会構造をより悪く
変えていくもの。
それは改革ではなく国民への裏切り。
国難ではなく国民が難儀する社会。

より一層トランプに追従し、日本の国民を
平和から戦争に巻き込む政策を推進していく
旧い時代への回帰の道。
北朝鮮の核開発、ミサイルうんうんで危機感を
煽りながら兵器をアメリカから大量に買い込む。
トランプが喜びアメリカの軍事産業が栄える。
日本の社会は軍事費増大でますます暮らしは
切り裂かれ一層苦しくなる。


従前の4党の野党共闘が目指した政治は
権力を抑制し自己責任を排し、憲法を暮らしに
活かし生活の豊かさを高め、ほんまもの
の安心を国の中心に据える社会へと
舵をきるものだ。

だから安倍自民党政権が続こうが、希望の党に
政権が変わろうと、現在の支配層(守旧派)は
安心して枕を高く眠ることができる仕組みを
急いだ。慌ててうごめいたんだろう。
連合、前原、小池はそんな動きに軽く乗った。
ご褒美を鼻先にぶら下げられているんだろう。

どちらの政権になっても
森友、加計問題は消されていくだろう。
加計の獣医大は認可され来春開校。
森友問題の財務省関与の検察捜査は
ウヤムヤのまま闇の中へ。
籠池さん夫婦が容疑者となって終りと
したいのだろう。

自民・公明はまったくこの問題に
触れないのは別にして、希望の党も
維新もまったく触れようとしない。
つまり彼らは同じ穴のムジナ。

心あるマスメディアはいまこそ矜持
をもって社会正義を声高に叫ぶべき。

森友、加計を大きく取り上げ
どちらの政権になっても、国家権力が
露骨に個人の利益に走る構図を、
特定の恐ろしい思想で日本を席巻
する企みを明らかにし指弾すべきでは
と考える。

どちらの政権も同じだけの毒があり危険。
だったらどうする?
これからの状況をよーく観察していくことが
大切なことだと思う。
投票日までまだ時間の猶予はある。観察を
していこう。
焦らず・慌てず・諦めず

♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠
次のページへ(^_-)-☆
posted by fusabon at 13:24| Comment(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

大政翼賛会へ突っ走る日本

民進党がまっとうな国民を裏切る道へまっしぐら。
名を捨てて実をとるどころが、名を捨てお金ごと
母屋を希望の党に貢ぐ悪行。

国民の税金からなる政党助成金を胡散臭い
小池なる人物にそっくり貢ぎ、それで
政権交代の勢力をつくるんだ。退陣
させるんだと息巻くが嘘もほどほどに。
交替した政権は安倍政権とほぼ同じ。
羊頭狗肉で国民をだますのは許せない。

希望の党は安保法、共謀罪をまもり、経済政策は
安倍さんと同じ新自由主義の政党。

貧困は自己責任、経済格差は個々人の努力
の結果と切り捨てる。
憲法も道州制をにらんで、また自衛隊を軍隊に
変えていこうと狙っている。

情報公開をするというが、小池都政の実態は
一切の情報を隠し発信しない。
民族差別は平然と行う。関東大震災の朝鮮人
大虐殺はなかったとする勢力に組みしている。

原発廃止、消費税10%アップ反対というが、
維新と同じで念仏のように唱えるが、確実な
取り組みをしないで放置する姿勢に終始する。

今回の動きではっきり見えてきたことは、
国を操る影の勢力が安倍さんを御用済みだと判断
したということ。それを連合を通じて下命した。

民進党前原代表は、安倍政権をどんな方法を使って
も打倒させると叫ぶが、打倒し退陣させた先のこと
にいっさい触れなくなった。
なぜ安倍政権を退陣させるのか目的が語られなく
なった。

国会解散が流れた当初は安倍政権の打倒する理由
を語っていたが、いまや目的は隠され
手段が目的に変えられてきた。

安倍政権を倒し「安保法」「共謀罪」を見直し、
安倍さんの思想に合う人やお友達のため、夫婦で行政
を歪め私物化する姿勢を正していく道理が語られない。

安倍政権から国民は離れている。
このことは影の勢力も一致した見立てだろう。
だから安倍さんと同質で、新味の変わる勢力が
欲しい。
おまけにアベノミクスもお題目だけで、国民の
多くが経済的ゆたかさを感じられずにいる。
ならば目先を替えた次なる勢力として登場した
なんでもごちゃまぜした『まぜご飯』
で国民を騙そうとたくらんだ勢力。

いまなら小池都知事の人気も高そうだとね。
しかし、
ネットの意識調査(2017-9/26現在)は
希望の党に
期待する  28%
期待しない 65%
わからない  6% 

マスメディアの報道に騙されないように
気をつけていきたい。

みせかけの野党じゃなく、
真の野党協力を切望する。
posted by fusabon at 16:50| Comment(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

国民だましの新党『希望の党』

骨ある主張や考えもなく民進党や自民党から
逃げ、ウルトラ右翼の党首自ら党を無背任に
ほっぽり出した議員たちの、選挙互助会の政党
が結成された。

三国志の梁山泊に集った正義感のつわものとは
ほど遠い、
嘘つき人間どもの政治集団『希望の党』


党名の「希望」を広辞苑で調べてみた。
【希望】
「ある事を成就させようとねがい望むこと」
「将来によいことを期待する気持」

隠された意図を、言葉の情緒で覆い包み
憲法改悪、権力の一極集中をはかろうとする。
『希望の党』のあいまいな政策は
安倍自民党そのもの。

安倍自民党を補完する勢力になり、第二の
維新の党の誕生。いっそのこと安倍自民党に
合流すればすっきり正体が透けてみえるのだが。

憲法を変えるというが、どの条項をなぜ変える
なんて一言も言わないで変えると言う。
安倍首相に擦り寄る姿勢がみえみえ。

議員定数や歳費の削減とか国会一院制の導入
というが、「身を切る改革」といえば、
有権者受けが良いと判断して飛びついただけ。
維新の後追い。維新だってやっていないし
やる気がない。維新は他党が反対していると
言い訳で逃げている。


所詮だましの構図を描き、嫣然と小池スマイル
をふりまいてうそぶく。

防衛費なんて過去最大の5.2兆円。そんなお金
を北朝鮮危機をひきあいに認めている。
防衛費を縮小するとは言わないで、口当たりの
いい消費税10%は反対すると主張。
ならば社会保障などの財源の捻出をどうする。
法人税の引き上げ、累進課税の強化を
挙げればと思うが、新自由主義の政策では
考えられないのだろう。
希望の党が躍進すれば将来は「絶望」になる。

つまり安倍首相と同じ穴のむじな。

彼らのいう希望とは、自分たちの目論む
「ある事を成就させようとねがい望むこと」。

彼ら『希望の党』に
「将来によいことを期待する気持」を
寄せることは毛頭ない。さわるな危険。

♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠
次のページへ(^_-)-☆
posted by fusabon at 16:00| Comment(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする