2018年05月03日

私たちがめざすこと

IMG_0846.JPG

私たちは、
安倍政権のことでは
9条改憲は許しません。

日本国憲法を守り生かし、
不戦と民主主義の心豊かな社会をめざします。

二度と戦争の惨禍を
繰り返さないという誓いを胸に、
戦争法の廃止をめざします。

沖縄県民と思いを共にし、
辺野古新基地建設の撤回を求めます。

被災者の思いに寄りそい、
原発のない社会をめざします。

人間の平等を基本に、
貧困のない社会をめざします。

人間の尊厳をかかげ、
差別のない社会をめざします。

思想信条の自由を侵し、
監視社会を強化する

「共謀罪」の廃止を求めます。
これらを実現するために行動し、
安倍政権の暴走にストップをかけます。
posted by fusabon at 11:51| Comment(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする

憲法改悪をゆるさない

憲法をなぜ変えるの?

問いに安倍首相は実に見事にウソを埋め込む。

「憲法9条に自衛隊の存在を明記する自身の改憲案をめぐり「自衛隊員に『君たちは憲法違反かもしれないが、何かあれば命を張ってくれ』というのはあまりにも無責任だ。そうした議論が行われる余地をなくしていくことが私たちの世代の責任だ」

「責任だ」と情感に訴え心をざわつかせる言葉だが、責任は現憲法を生活に活かすこと。こどもの貧困が拡大している今日の日本を簡単に戦争できる国にしてはますます貧困は拡大する。


自衛隊が違憲か合憲かなんて論争は起こっていない。自衛隊を違憲、合憲と考える双方の多くの人々は「災害で昼夜をわかたず救助、復旧に尽力する自衛隊員に感謝の気持ち」は一致している。


安倍首相は自衛隊員の命を『何か』に差し出そうと目論んでいる。それも国内の手続きをとばしてアメリカの要請があればいとも簡単に自衛隊員の命を差し出せるように。アメリカから強制購入させられた高額な兵器とともに日本人の命を差し出すために。
「アメリカがはじめた戦争に、日本は正々堂々とアメリカから押し付けられた武器をもって参加したい」と安倍首相は悪だくみ。


アメリカは歴代自民党政権にも自衛隊の派遣を強く求めてきた。しかし日本政府は憲法九条をたてに拒否しつづけてきた。
しかし、2015年に第九条の憲法解釈を180度変更し、国際法で認められている自衛権から大きく踏み出した違憲解釈の『集団的自衛権』へと地獄の扉をこじ開け安保法(戦争法)を制定した。


自衛隊を憲法に書き込むと言うことは、2015年の安保法で集団的自衛権の行使を定めた内容を憲法で後戻りできない状態に日本をすること。


日本会議の櫻井よしこは、中国公船が尖閣列島周辺をウロウロしている。だから危険だ!中国から攻撃を受けるがどうするのか?北朝鮮から攻撃されたらどうするのか?反撃しなければダメだろうと危機を煽る。そのために日本人の誇りを持って戦うべきと叫ぶ。


ありもしない危機を何度もくりだし、危機の時代は独裁が強権国家が必要だと安倍首相をヒトラーに近似させる。

憲法改悪は
●「戦争が出来る国日本」
●「国家の権利(権力者)を増強し、国民の権利を抑圧し義務を押し付ける」
●「権力者(首相)の意向ですべての権力を権力者に集中する(緊急事態条項)」


「あたらしい憲法の話」(戦後文科省が発行した憲法解説書)

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
次ページに「あたらしい憲法の話」一部抜粋紹介次のページへ(^_-)-☆
posted by fusabon at 11:22| Comment(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

安倍内閣はヘイト公認か

 内閣府政府広報室が国民の意見を募るために行っていた「国政モニター」のサイトに、ヘイトスピーチや誹謗(ひぼう)中傷のような意見が掲載されたままとなっている。
政府広報室はモニター募集の際「誹謗中傷、差別的な内容、そのほかの不適切であると判断される意見は提出されても公表しない」との注意事項を掲げていたが、事実上、野放しになっている。


2017年
▽「韓国との国交は無くし、在日、帰化人の強制退去が必要ではないでしょうか」(大分県の50代男性)
▽「外国人に対して支給している生活保護はおそらく違法であるから、即時一律に停止すべき」(神奈川県の50代男性)

2013年
▽「(中略)鳩山(由紀夫)元総理を外患誘致罪で処刑すべきではないか」(大阪府の40代男性)など、人種差別や憎悪をあおるような意見が掲載されている。

▽「・・・住んでいる日本に対して何かと反日的な言動や行動をし、北朝鮮の資金源になっている在日半島人に様々な特権を与えたまま放置している現状は極めて遺憾である」 (神奈川県 男性 60代)

毎日新聞 2018-5/2

posted by fusabon at 16:53| Comment(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする