2017年07月30日

安倍昭恵さんに感謝

幻になった「瑞穂の国記念小学校」。
昭恵さんが名誉校長に就任され、国有地
の安倍首相や行政の私物化が報じられた
結果・・・

『教育勅語』などとんでもない教育の
私学校が開校されずに済みそうだ。

安倍首相をはじめ、日本の国やしいては
世界をおかしくする日本会議の企みが
公にされひとまず胸をなでおろす。

公立校ではとてもできない教育が、私立なら
できるというとんでもない話。
そのために国会で安倍さん、稲田さんたちは
『教育勅語』を褒めたたえ、菅官房長官は
『教育勅語』を織り込んだ教育をしても
まったく問題ないと強烈な後押しをしたが、
悪魔の企みは封じられた。

いまとなっては籠池さんに多大な負債を
被せてしまう結果となって申し訳ないが、
悪い夢をみたんだと諦め次のステージに
正しい歩みを始めてほしい。


この事件が発覚するまで『籠池さんは
素晴らしい教育者』と賞賛の絶頂に担がれ、
有頂天になってしまわれたのだろう。
すり寄ってくる人たちの下心を斟酌できず
浮かれておられたのだろう。

応援していた人々がクモの子を散らすように
一斉に消え、「籠池さん」が「籠池」と
呼び捨てにされる不条理。
しかし特異で明るいキャラクターに、私は
なんとなく共感をおぼえている。

いままで籠池さんを下にも置かぬ態度で
接していた官僚たちも、いままでの接触を
隠して逃げまわる。


全ては昭恵さんの名誉校長就任で始まった。
まだ闇は深いが
とんでもない小学校が開校されないことで、
ひとまずは大きな副産物を生んだ。
昭恵さん本当にありがとう。

昭恵さんに感謝しながら、次なるステージは
国会へ証人として出ていただればと願うばかり。

ついでに加計疑惑も昭恵さんが名誉園長に
なられているので、こちらの闇にも光が
射し込まれることを願っている。
posted by fusabon at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック