2017年06月19日

この人たちの終焉は近い

読売新聞東京本社特別編集委員の橋本五郎氏。

今朝のYTV「すっきり」で、自らの
発言にオタオタ。

先週末の参議院本会議での「共謀罪」強行採決
は拙いと批判したので、この方は安倍政権
べったりなので共謀罪は賛成じゃなかった
のではと怪訝に思った。

やっぱり・・・
ご自身の発言に「まずい」と思ったのか、
間髪をいれず「共謀罪は必要な法律だが、
採決の方法が少しまずかった」と。

この方の新聞社は安倍政権の機関紙になって
いるからYTVもこの程度のものだろう。

しかし・・・
強引な方法をとるのは、方法がまずいだけ
ではなく、「本体(共謀罪)」そのものが
異常だからすんなり世間に受け入れられない。
だから強引な方法をとるんだろう。

つまり・・・
悪だくみをするには悪知恵が必要。
悪知恵をひそひそあつめて実行してる。
つうことは
安倍政権こそ共謀罪を地で行ってる。

情けない。
こんな政権しかもてないこの国が。
そんな政権に飼いならされたマスコミが。

・・・・・・・・・・
「怪文書まがい」と公式記者会見で堂々と
発言したその数日後。
「怪文書まがい」の文書が調査の結果、
行政内部で保存されていたことがはっきりした。


「怪文書」と言ったことを謝罪しろと野党に
指摘された官房長官。
「怪文書」とは言っておらず「怪文書まがい」
と言ったのだと謝罪も発言取り消しも拒否し
開き直る始末。

政府の番頭なんだからご自身の発言
にしっかり確証をもたなければ!
間違いだったら言い逃れをしないで、
潔く謝罪し取り消そう。

あかん(安菅)コンビは言い逃れ、
言い換え、強引さ、開き直りがひどい。
真面目さがまったくない。
posted by fusabon at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック