2017年06月10日

ウソつき安倍さん

森友や加計問題の中心におりながら、ドーナツの
ように中抜けすることに必死の安倍首相の情けなさ。

森友も加計も、自分の悪だくみを白日にさらす
人たちには品のない人格否定を繰り返し、
煙幕をはって逃げまわる。



『教育勅語』を暗誦させるとんでもない教育を、
素晴らしい教育だと安倍夫婦そろって誉めたたえ、
絶賛のあげく8億円も値引きしてタダ同然に
国有地を差し上げる。
ついでに100万円を寄付。
そんな悪行を暴き出されると・・・
一転
学園理事長とは一度も会ったことはない、
まったく知らない人だと関係を否定し、
しつこい人だと人格否定に走る。
とんでもない人だと『印象操作』にやっき。



加計問題も安倍夫婦そろって疑惑の中心。
森友学園のように行政職員への隠ぺい工作
が出来ず、内部告発で文書が飛び出した。

そんな文書は行政組織にない。怪文書だと
否定するがどんどん出てくる。

公開された文書があることをしっかり調査
したうえ否定するならまだしも、坦々と存在
を肯定する元事務次官にひどい言葉で
人格否定の暴言を吐き、異常な人間だと
人権を否定する。
くわえて退職した人間が言うことなど
信じられないとうそぶく。

安倍首相に媚びをうる新聞にええ加減な
情報を流し、元次官はいかがわしい人間だと
今回の事件と関係のない提灯記事を書かせる。

しかし現職職員すら文書は省内にあると
告発した。
それでもないと否定する安倍内閣。
再度調査すればどうかと提案されても、
無いものはないんだと逃げの一手。

世論調査の結果が安倍内閣に厳しいと
知り、あわてて再調査すると言うが、
文科省と対極にある内閣府の調査は
しないという。なぜなら内閣府に
そんな記録や文書はないからだという。
「総理のご意向だ」と文科省に圧力を
掛けた職員は記憶ないと言う。
だからないんだと意味不明な逃げ口上。
その場つなぎの泥縄で逃げ隠れ。


今回の問題の根源は安倍夫婦が、
危険なイデオロギーに心酔した挙句
国有地の土地をただ同然で差し出す。
それもいっぱいの国庫補助金をつけて。

また腹心の友には私欲の実現を政策だと
言い換え、私が主導しなければできない
政策だと言い換える。
でも私が主導して加計を持って
きたわけではないと平気と矛盾をいう。

森友では7億で土地を買いたいと申し出て
いた他の大学があった。そんな安い価格で
は売れないと断りながらほぼタダで差し出す。

加計でも他の大学が手を挙げた途端、設立条件
を加計にしかできないよう追加制限した。
おまけに獣医師会から新設を認めると言ってきた
というが、獣医師会はそんな同意はしていない
と安倍国会発言を完全に否定している。

この人たち(安倍内閣)は国民のための政治を
しようなんて思っても考えてもいない。

安倍夫婦は虚栄心におおわれたお人だろう。
知己にはええ恰好し、権力を誇示したい。

その反動で自分の虚栄心を批判する人には、激高
し下司まるだしの敵愾心を燃やす。
posted by fusabon at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック