2017年05月03日

教育勅語のまやかし

「父母に孝行」
「兄弟仲良く」
「夫婦は仲睦まじく」
「友とは互いに信じ合い」
「行動は慎み深く」
「他人に博愛の手を差し伸べ」
「学問を修め」

教育勅語にはよいことが書いてあるという。
これが教育勅語の核心だと、安倍晋三や稲田朋美、
櫻井よし子(日本会議)など「歴史修正主義者」
たちはいう。

徳目は個々人が考え行うことで国が
強制することもされることでもない。
仲良くできない個々の事情もある。
孝行したいができない社会的事情もある。
貧困もある。


教育勅語の目的は、
国民はよい徳目を積み国家に絶対服従し、ひとたび国に
事変があれば勇気を奮い立たせ命を投げ出すことを
求めている。
まさに教育勅語の核心は、国民の命を
国(権力者たち)が自由にすること。


稲田朋美は国を護るには血を流さなければという。
「国のために命を捧げろ」「後に続くと靖国に誓え」
「でも自分の息子は徴兵されても行かせない」

安倍晋三はいう。
「私は国家に命を捧げろと言われてもできない」


太平洋戦争で
「天皇陛下の命により『靖国へ』」と叫ばれ
どれほどの人間が戦場へ送られ殺されたことか。

全戦死者(約300万人)の60%強が餓死。
実にむごい。


「国のために命を捧げた」と礼賛の特攻隊。
死を強制された特攻が、まるで自発的に兵が手を挙げ
死を選んだとすり替え、将来ある1万人の青年が
無残に殺された。
(航空特攻、回天魚雷、小型攻撃艇)

戦争の過去の反省もなく、
「国に命を捧げた英霊に尊崇の念を捧げる」
と靖国に参集する人たちに明日が見えていない。

見えているのは戦前の絶対支配の仕組み。
そこに回帰させてはならない。

今日は憲法記念日。
いま必要なのは「教育勅語」を語り教えるのではなく、
現憲法を語り教えなければと考える。

現憲法こそ平和な繁栄が今日まで続いた源ではないか。
posted by fusabon at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする

花の季節

フリージアが
エニシダが
やまぶきが
こでまりが

あなたも咲けよと
呼びかける

フリージア.JPG

エニシダ.JPG

やまぶき.JPG

てっせん (2).JPG
posted by fusabon at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする