2017年02月28日

ゆらゆらスイング

やわらかな陽射し
春めく空色

足取り軽く
歩いてあるいて

春のさきがけ
ボケの花

春風にスイング
ヒカンサクラ

わたしも
ゆらゆら
春色にスイング

IMG_8389.JPG

IMG_8390.JPG
posted by fusabon at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

糸のもつれ・・・

メールって難しいなぁ。

ビジネスのメールや、気心のしったお友達
とのメール交信ならそれなりの対応ができるし、
お互いの考えや思いを双方向でやり取りし、
それぞれの目的を共有したり納得したりできる。

気心を知っていたつもりだったお方とのメールで、
お聴きされたことに対し
失礼なきようにと素直に私の思いを伝えたつもりが、
その思いが曲解されたりして伝わらない・・
伝わっていないのだろうなぁ。
気づいて「face to face」でしましょうか?
とメールをお送りしたが既に遅かったようだ。

やはり基本は「face to face」。
この歳になってあらためて教えられた。

なんだかすっきりしない、
後味のわるい飲料を飲んだような感覚。

気遣いやその方への思いをはせる
わたしの気持ちが足りな過ぎた。

もっとあれやこれやとしっかり、わたしの受け止めを
しっかり伝えたうえで、
私はこう思います。
考えていますと伝えればよかった。
いまやどうしょうもない。
盆に戻らむ水を眺めて時のほぐれを待つ。

糸のもつれのほぐるるにほどに更けて春寒(山頭火)
posted by fusabon at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

おごれる者久しからず

2月24日の衆院予算委員会。
「森友学園」への国有地売却をめぐる問題で、
どんどん疑惑が深まっていく安倍首相周辺。

なによりの証しが、従来の「森友学園理事長」への
安倍首相の評価が裏返った。
これを手のひらを返すようにと言うのだろう。

「教育者としていかがなものかと相手方に伝えた。
何回も断っているにもかかわらず、寄付金集めに
(安倍晋三記念小学校の)名前が使われたのは本当
に遺憾で、抗議をした」。
そして、学園理事長に対して
「非常にしつこい」とまで口走った。

2月17日の衆院予算委で安倍首相は
「妻から先生(学園理事長)の教育に対する熱意は
素晴らしいと聞いている」と好意的な口ぶりは一転・・・
悪しざまに非難。

また・・・
名誉校長の受諾について
就任を請われ断ったが、何度もしつこく言われ
幼稚園の講演会の場で、「名誉校長を受けてもらった」と
発表されたのでしぶしぶ引き受けさせられたと
言い訳がましく・・・

でも
昭恵夫人が一昨年、
名誉校長を引き受けた際の講演会で
「こちらの教育方針は大変、主人も素晴らしいと
思っている。(卒園後)公立小学校の教育を受けると、
せっかく芯ができたものが揺らいでしまう」
と語っていた映像も明るみに出て、同学園の
寄付集めや小学校認可を首相が後押ししているかの
印象も強まった。(毎日記事引用)

本日(2月27日)の予算委員会で、
学園のHPに掲載されていた昭恵夫人の名誉校長
の挨拶など、取り消された状況を問われ
私たちに学園HPの消去は出来ない。
相手側(学園側)がやったことを、さも私たちが
やったかのように決めつけないで欲しいと激怒。

でも、学園HPから昭恵夫人の挨拶消去を
申し出たのは安倍首相側。
それは先週の予算委員会で、野党から
学園HPから昭恵夫人の挨拶が消えているが
知っているのか?と問われ
消去をお願いしたと答えている。
それを消したのは私たちではないと、依頼した
事実まで否定する。

自らに掛けられている疑惑からなんとか
逃げようと必死の姿勢が透かし見えてくる。

財務局と学園との、売買に関する一連の交渉記録は
全て消去したと財務局は居直った。

証拠を捨てさせた上で、
会計検査院に調査をさせると言い逃れる安倍首相。

首相職や議員を辞職するだけで済まない。
刑事事件に匹敵するのではないだろうか!?

野党には参議院予算委員会でも徹底的に真相解明に
ガンバッテ欲しい。

「驕れる安倍氏久しからず」
posted by fusabon at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする