2015年10月26日

体調不良により暫くやすみます!

緊急入院のため、しばらくお休みします。
posted by fusabon at 14:09| Comment(2) | くらし | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

大学病院の看護師さんたちに感謝

回復を懸命に後押ししてもらった、大学病院の


看護師さんたちの看護を思い出すと感謝!感謝!




あの看護なくていまのお爺はなかっただろう。




お爺の担当でない看護師さんが、病室を覗いて


声をかけてくださる!


「✕✕さん~体調はどう?」。嬉しかった!!




勇気づけようと、折々にお爺の日々のトピックを


手製でつくって、お爺の病室に掲示[E:lovely]




題して「✕✕さんの記録」


Photo 


寝たきりを心配した看護師さんが、ベット


のリクライニングを起こして、体を起こすことも必要と。


初めて起こした角度を記事に[E:pencil]





_1


足首を動かすだけのリハビリだったが、


病状は微熱だったのでベッドから下りて


立ってみようと提案され、必死の思いで


立ってみた。もちろん歩けるでなし[E:bearing]




いままで出来なかったことが出来たことを、


看護師さんが記して掲示。




そんな思いもよらない提案、即実行にうつし、


病気に負けないよう背中を押し続けて


くださった。感謝の言葉しか出てこない!!




初めて車いすに乗って、ナースステーション


前を通ると、看護師さんたちが一斉に手を


振って喜びを表してくださったり、心遣いが


篤くて涙がこぼれてきたことは数え切れず[E:sweat02]




大学病院での二ヵ月近くの入院生活は、必死だったが


勇気づけられ、献身的な看護に随分救われた。


ありふれた言葉だが感謝[E:lovely]

posted by fusabon at 10:14| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

手からすり抜ける夢・夢・夢

元気になってあれこれと夢(目標)の実現めざして、


自宅でのリハビリ途上。


日々の効果は遅々としているが、月単位ではきっと


顕著にみえるだろう。




もうしばらくの辛抱だと言い聞かせ、思い描く夢の


数々。


手ですくおうとすればすりぬけていく。




でも頑張っていかにゃ!と言い聞かせ、今日も


自分を律していく。焦っちゃだめ!!




生きることは難しくないが、波長がずれると


なかなか[E:happy02]


しゃーないか!?

posted by fusabon at 14:20| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする