2014年07月31日

(=^・^=)暑い暑い!カリッとした夏がやってきた!!

 

[E:cat]たまにカーテンにそよぐ風は乾いている!

そう!お爺の好きなカリッとした夏。

でも日中は外に出ないよう気を付けている。

ネコ達も暑さに負けないよう、多くの時間を大体横に

なり体力温存[E:happy01]

思い思いの場所で[E:lovely]

Photo_4

Photo_5


ジジの昼間はほとんど押入れの片隅[E:bleah]

お爺はみんなと同じようにゆっくり過ごす。

気儘に本を読み、疲れたら眼を閉じて瞑想[E:dash]

もちろん三度の飯を喰らい、夜は軽くビール[E:beer]

カリッとした夏に蝉しぐれを耳に逝けたらいいなぁと

その情景を瞑想しながら、いまを楽しんでいる[E:good]

もちろんお医者さんからの忠告・・・水分を十分に摂って!

続きを読む
posted by fusabon at 17:20| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

(=^・^=)Welcome玄関マット(^_-)-☆

[E:cat]店先に無造作に重ねられていたマット[E:bleah]

ちょっと気になったので重ねられたマットをめくって

いけば、ネコ図柄のマットが出てきたので即刻買[E:dollar]

ポップの30%引きにも心が大きく傾いた。

Photo

posted by fusabon at 09:42| Comment(2) | くらし | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

あざとさとバカバカしさ!!

「自治会」の本質を放り投げてとんでもないところへ

導こうとする動きがあり、自治会がもっとも大事に

すべき、地域住民の自主的、自発的な良質な

コミュニケーションの場が死に体に。

[E:punch]

ある自治会では自治会のイベント(まつりの出店)の

手伝い動員を「会則」で義務付けた。みんな歳をとって

きているのに、真夏のくそ暑いさなかグラウンドに立ち尽く

すなんて大変だから、お手伝いが減ってきている現状が

あるらしい。

それをカバーするため、

「自治会長は必要に応じ「地域事業推進員」を設置する

ことができる。」と会則に明記し、それを総会で決定

したからと、各班(組)にお手伝いの人員を出すよう

強制しているとのこと。

そこには会員それぞれの事情や都合などお構いなしらしい。

このあざとい狡猾さ[E:sweat01]

そこのけそこのけ自治会長が通る。したに~したに~[E:wobbly]

会則改悪の役員会では、会員の事情や都合を考慮

すべきとの意見が出たとか出なかったとかだが、

有無を言わさぬ強権ぶりにこれでは、もはや会員相互

の対等な関係を破壊し、自治会を大きく変質させ衰退

させる方向に一直線に走っているようだと素朴な

疑問を聞かされた。

そもそもまちづくりの基本は、身の丈にあったものでな

ければならず、そこに上下関係や命令したり指示する

関係があっては会の自殺行為。

「できることを、できるときに、できる人が」これが基本。

[E:annoy]

お手伝いが集まらなければイベント(出店」の規模を縮小

するなどすべきだろう。出店を取りやめた自治会も増えて

きているらしい。

ましてや「地域事業推進員」には意見を発する場を

まったくもうけられておらず、イベントの計画に参画する

ことが許されていないらしい。頭数合わせの『僕(しもべ)』

に過ぎない。

「計画」は「会長や俺たちで(役員)決める」

・・・「おまえたち(会員)」は、この自治会内に住んで

いるのなら「地域愛」をもって文句を言わず従属せよ!!

って感じかな・・・

会員は反発するが「唇寒し冬の朝」と、物言えぬ組織

は動脈硬化を起こしいつ爆発してもおかしくない。

[E:impact]

これって「国を愛せ、地域を愛せ」って呪文を唱え、

日本をとんでも無い方向に導こうとする勢力と軌を

一つになっているのでは?

[E:bomb]

ついで話・・・ 別の自治会の会長さんとの会話に

唖然としたこと。

「現在の自治会はなにをすべきか判らないんだろうね。

だから衰退していっているし、そもそも※自治会の

組織率(加入率)を、行政の仕事としているのは

自滅行為では?」とお爺。

「いやいや自治会は必要ですよ。いまは自治会の課題

をみつけることが大事なんです。」と会長さん。

率直に言うがこの会長さんはなにも見えていない。

お爺にはもともとその自治会の課題のひとつが

はっきり見えているよ!

それはね・・・

残念ながらブログには書けない[E:sweat01]

仕打ちを想像すると恐ろしい。

課題が見えないのは、自治会長に就任した目的が

自治会を通じて地域をなんとかよくしようとの思いで

はなく、ひょっとして来年に統一地方選挙にあるの

では?って穿った考えをしてしまう[E:happy02]

ひがみ根性まるだしのお爺の下司なかんぐりかな?

まぁいずれにしても「あざとい」。

[E:eye]

またこのような自治会にしていったのには行政にも

大きな責任がある。

そもそも、行政の仕事(施策)のひとつに

「自治会加入率」を上げている。

目標は加入率85.6%・・・

しかし平成24年の実績は80.8%。

※平成25年度発行の行政評価報告書から引用。

行政は加入者を増やす仕事までするのか!?

呆れることはこのこと!![E:dash]

自治会加入率は都市化とともに低下する。

それをどのように変えていくのか。

地縁から志縁へ大きな変化が求められている。

いくつかの「志縁」に基づいた市民の動きをみて

きたが、みんないきいきと動いている。

みんなの対等な関係を大事にし、意見の違いは

話し合いの中で解決していっている。

地縁では「物言う会員」はうるさい人間を異端児と

して「相手にせず」と排除の論理に動く。

多様性を認めないからどうしょうもない!!

これでは芽生えようとしている「地域愛」を蹴散らして

いるように思うのは、異端児のお爺だけなんだろうな。

posted by fusabon at 13:59| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする