2014年05月31日

(=^・^=)初夏の真夏日!!

[E:cat]暑いね!

わが家のネコ達にとってはいい気候なんだろう[E:happy01]

それぞれの場所を確保してのんびり[E:lovely]

ナナもジジもまるこもどんぐり眼のべっぴんさん!!

Photo

Photo_2

Photo_3

posted by fusabon at 18:42| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする

偶然の偶然の偶然!!

[E:golf]久しぶりに歩こうとぶらっと出かけた。

「他の人と組み合わせになりますがいいですか?」

「もちろんいいですよ!」

現れた方はお爺より少し上かなと思える年配の人。

自己紹介に付け加えられた。

「よかった!若い人ならどうしょうかと心配していました

が私と同じような年恰好の人で・・・」


その時は全く予想もしなかったのだが、なんと57年

ぶりの再会だった。

それがわかったのは対面から4時間後。


自己紹介のお爺の苗字を聞いて「あれっ!?」と

思い、もしやとちっちゃなつむじが心に湧いてきたらしい。

お爺はそんなことに全く気付かず無頓着。

一緒に歩きながら「✕✕さんのお住まいは?」とか、

あるいは

「私の小学校の担任に✕✕さんと同じ苗字の

先生だったのですよ」

「そんなに多くはない苗字ですからね」

「直接その先生は知らないですが、居られたの

知っていますよ」

「✕✕さんは小学校はどちらでしたか?」

さりげなくだが

なんどもなんども彼自身が想いうかべるパズルの

完成図に向かって切片を嵌め込んでいくように・・・


最終ホールの半ばに差し掛かってきたとき・・・

「✕✕さんの小学校の3~4年の担任の先生は

〇〇先生ではなかったですか?」

「そうですよ」

「では私と同じクラスではないですか!?」

「私を覚えておられませんか?」

「そういわれてみれば、初対面の時どこかでお見か

けしたような、しないような不思議な感覚でした」

なんて言いながら実は曇りガラスの向こうにぼんやり


やっとパズルはぴったりはまったようで、

すっきりされた様子

幾重もの偶然にお互いびっくり[E:good]

再会を喜びながら、またの再会を

期してみぎひだりへ[E:car]

posted by fusabon at 18:31| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

ドンッ!大丈夫か!病院へ連れていくから!!

[E:bicycle]とある会館掲示板にイベントチラシを

掲示し終えた帰り道、天気もいいしちょこっと遠回りしてと

軽快にペタルを漕いでいたら突然自転車前輪に

ドンと衝撃が[E:sweat01]


鳥が前輪にぶつかってはね飛ばされ仰向けになって

ピーピーキーキーと泣き叫ぶが、起き上がって態勢を

ととのえることはおろか飛べないで地面をはいずり周る。

親たちだろうか?ピーピーと心配の声をあげてその鳥

の周辺を飛んでいる。

鳥もうろたえているのだろうが、

お爺もうろたえている。

病院に連れて行くからしばらく我慢しろよ!生きろよ!

と鳥に声を掛けながらバッグに入れて

自転車を必死で漕ぐ[E:dash]


走っている最中もバッグの中から泣き叫ぶ鳥の声。

焦る!「生きろよ!」と念じながら走った。

いつも我が家のネコ達をつれていく獣医さんでは、鳥は

看ていないからと断られ別の獣医さんを紹介された。

わが家の近くの獣医さん。

「先生!自転車がぶつかって!ちゃうちゃう自転車に

鳥がぶつかって!看てもらえませんか?」

「いいよ!」。優しい笑顔をみせ間髪なく[E:lovely]

すっかり静まりかえったバッグを恐るおそる開けると、

再びピーピーと泣き声をあげたのでひと安心。

獣医さんは鳥を手に取って一言。

Photo

「大丈夫や!幼鳥やな。脳しんとうでも起こしたんやな」

「じゃ元の場所に返してきてやりますわ」

「いいやちょっと様子を看てからわしがちゃんとする」

「ほなお願いします。ところで診察費用は?」

「ええで」

「ほなよろしゅうお願いします」と帰ってきた。

ムクドリの幼鳥のようだけれど、親鳥はどんな思いで

いるのだろうか?

posted by fusabon at 12:07| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする