2013年04月30日

靖国神社とアーリントン墓地

靖国神社は神聖な場所?

4月23日国会議員168人が戦場に赴くかのように

ぞろぞろと隊列を組んで靖国参拝をした。

加えて副総理や大臣が4名も参拝した。


その参拝に、従来から反発している中国や韓国からの

非難にとどまらず、同盟国アメリカからも批判がでている。


少なくとも尖閣の国有化以来のぎくしゃくが、不穏な状況を

意図的に作り出し一気に憲法を改悪しようとの

深謀があるようにさえ思う。

これではますます国際的にこじれる。


自己の宗教的信条に従い粛々と参拝すること

は非難されるべきではない。


しかし思慮分別をわきまえている国会議員が、ぞろぞろ

雁首ならべての参拝は示威行為そのもの。


ましてや大臣が「国務大臣 〇✕▼◆」と記帳しての参拝

は私人参拝であるとする自己の主張を冒涜するもの。

「戦争で亡くなられた英霊を慰霊するのがなぜ悪い」

と開き直った言辞を吐く自民党政調会長。


勝手に英霊に祀り上げ、なぜ死にいたらしめる戦争を

起こしたのかの検証から逃げている。すり替え論議。


ドイツはしっかりと検証を行い、ナチズムの台頭を

法律で禁じている。


あるいは米国アーリントン墓地の外国賓客の参拝は

批判されず、なぜ靖国参拝だけが目の敵にされる

のかと開き直る自民党首脳。


靖国とアーリントンではなにもかもが異なり、比較すること

は米国に失礼だ。


靖国は宗教法人の一神社にすぎない。

アーリントン墓地は国立で米軍が管理している。


靖国は幕末期の国内戦争で「官軍」として従軍し、

亡くなった兵士だけが祀られ、「賊軍」兵士は

祀られない。

西郷隆盛は明治政府への反乱軍(西南の役)の総大将

であるとして祀られていない。


アーリントン墓地には南北戦争で敵味方に分かれた

兵士を等しく祀っている。歴史の悲しい恩讐を乗り越え、

「正義」を問わず国のために亡くなった人々を

分け隔てなく祀っている。


靖国に祀られるのは宗教は神道で、他の宗教は否定

される。また祀られるかどうかは本人もしくは遺族の

意思とは無関係に神社が一方的に決定する。

遺族からの合祀の取り消し要求には全く応じない偏狭

さが怖い。

アーリントン墓地ではそのようなことが

起こらない。アーリントン墓地では本人や遺族の宗教は

尊重され、宗教の多様性を認め保障している。

ましてやアーリントン墓地に祀られるかどうかは、

本人もしくは遺族の意思に任される。

続きを読む
posted by fusabon at 19:40| Comment(0) | 社会・政治 | 更新情報をチェックする

(=^・^=)どないしたん?!まるこ

[E:cat]のんびりコーヒーをすすりながら新聞を

読んでいたら、まるこがお爺によってきて

お爺の指を甘噛みしたり舐めたり[E:bleah]

ネコが好む味がするでなし、マタタビなどをつけて

きたわけでなし思い当ることはないが

とにかく離さない[E:dash]

Photo_2

前足で抱え込むようにして離さない[E:wink]

Photo_6

posted by fusabon at 08:15| Comment(2) | くらし | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

四万十の流れに任せて・・(^_-)-☆

知人から高知四万十川からカヌーツアーの

様子が送られてきた[E:good]

日本最後の清流と言われ、沈下橋が景観にとけ込んでいる。

したたる緑に浄化された

風は頬をやさしく撫ぜ、川面はきらきら春の陽。

Photo

人も艇も自然の中に溶け込み織りなす非日常の世界。

自然の生命力をみなぎらせて・・・

posted by fusabon at 16:26| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする