2013年01月30日

(=^・^=)久しぶりの暖かさに誘われてブラブラ!!

[E:cat]暖かい朝だこと!

ネコ達におはよう!と声をかけて[E:good]

でかくなった「まるこ」のでかい顔のでかいあくび

が声掛けに応えるように返ってきた[E:bleah]

Photo_2

こんな日は気まま爺の気ままなおでかけ[E:train]

梅田の地下街を彷徨してきた。

チケットショップをはしごして、CD屋さんを覗いて[E:eye]

グレンミラーを買ってきた。

ジャケットのムーンライトセレナーデに惹かれて[E:note]

腹すきではなかったので食べ物さんへの関心は

起こらなかったが、お昼頃とあってどのお店も

結構立て込んでいる。

当てもなくブラブラしていると、どこかで観たような

ラインの後姿。

前に回ると小ぶりの「鉄人28号」。

ガンダムもいいけれど鉄人28号には郷愁が湧く[E:scissors]

続きを読む
posted by fusabon at 14:36| Comment(0) | お出かけ・旅 | 更新情報をチェックする

使命感とかを強制されて辛いね・・・早期退職制度

[E:school]埼玉県の教職員が非情な人間だとして責められている。

この1月末までに退職すると従来の退職金を支払うが、

以降の退職なら1月、2月、3月の給料を足し算しても

大幅に減額される制度が唐突に設けられたため。

だから担任を持っている教師を含め、教頭や校長も3月

を待たずに退職する人が出てきた。

年度末をまたず途中で子どもたちを放置し、子どもと金を

天秤にかけて、金に走った悪い教師と責められる。

教師たちが悪いんじゃないだろう[E:punch]

国からの指導・要請があったとしても、そんな中途半端

な制度を作っておいて、まさか教師は子どもをほおって

辞めないだろうなんてほざく埼玉県知事。

バカだと思う。

そんな制度をつくった知事、教委!

それを十分な検討もしないで通過させた議会のボケ議員。

加えてマスコミ。

法律に基づいた早期退職制度を利用して辞める教師

を、みんなして無責任だとののしる。

責められるべきは退職する教職員ではない。

知事、教委、議会が責められるべき。

加えて国家公務員の退職金を減額したから、

地方公務員も一律に減額せよという麻生財務大臣!

地方自治の本旨にもとる。

ここで噛みついたのが尼崎市長。

どんなお方か知らぬが、この件については立派!

逆に恥知らずなのが橋下市長。

国から給与減額を言われなくても、大阪市は国以上

に減額しているから言われる筋合いはないと胸を張る。

そんなことで競争してどうする。地方自治の視点を

持っていないから彼の全ての施策はずれている。

桜宮高校の体罰問題も、体罰を一高校の教員の

問題に矮小化してしまった。

結果彼の無知の被害は子どもたちが被る。

恐らくだが橋下フィーバーにのって市長選で橋下に

投票したのはその保護者さんたちだろうがね[E:coldsweats01]

お爺は公務員ではなかったが、身近で懸命に

頑張っている公務員を知っている。

もちろんどうしょうもない公務員も知っている。

そんなどうしょうもない輩も一律に出世する公務員

社会は気になる。

部長だと庁内では威張りながらお爺の顔を観ると

こそこそ逃げるような輩こそ・・・早期退職制度の

適用を勧奨したいね[E:good]

posted by fusabon at 14:09| Comment(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

(=^・^=)宮介が歯周病で歯茎から血が・・(-_-;)

[E:cat]いつもと寸分変らぬ朝[E:sun]

昨朝とくらべて少し暖かいような。

先ず「コロ」が待つ場所へ朝の食餌を運び[E:run]

ネコトイレの掃除をして、ネコ用水を汲み替えて。

「ご飯はまだか?!」と落ち着かない家ネコたち

に食餌を与えて[E:dash]

宮介がナイロン袋をカサカサ音を立てて噛んでいる。

これもいつものことで。

Photo

噛んだナイロン袋に眼を遣ると赤く染まっている。

厭がる宮介の口をこじ開けると、牙の歯茎が赤く

血が出たような痕跡[E:coldsweats02]

[E:hospital]抵抗して渋る宮介を病院へ。

獣医さん「これはまだ軽いもので治療を施すまで

には至らない」との診察結果。

「歯石もないので大丈夫ですよ」の声にホッ。

ネコの口中は雑菌が多く歯石が溜まりだすと

歯周病になりやすいらしい。

今回はゲル状の消毒剤を処方され、歯茎に塗って

指で軽くこすってくださいとのこと。

ネコの異常は予兆もなく突然やってくる。

まるこの状態が依然に戻って安心していたが・・・

自身の体調の不具合があっても心配しないが、

ことネコ達になると対処の仕方がわからず心配なこと。

病院に行くときにはいつも思う。

お爺の心配は杞憂であって欲しいと!

遠く離れて暮らしている孫たちのことも心配するが、

心配する人たちはお爺たちだけではない。

しかしネコ達への心配はお爺たちだけ。

生き物とすらしたことのない人や、動物が嫌いな

人たちには判らない感情だが・・・

続きを読む
posted by fusabon at 11:14| Comment(0) | PC&WEB | 更新情報をチェックする